激戦の傷跡を今に伝える島「コレヒドール島」

2016年08月26日 By: ptnadmin

コレヒドール島はマニラ湾の入り口にある小さな島です。可愛らしいオタマジャクシのような形でも知られていますが、実は世界大戦時に大きな被害を受けた島という側面も持っています。フィリピン・日本・アメリカのそれぞれの軍が大きな被害を出してしまったこの島は、フィリピンの平和の象徴として今も大切に保存されています。現地には今も防空壕などがそのままの状態で保存されており、大きな砲台などには圧倒されます。

コレヒドール島観光についてはこちらをご覧ください。